事業紹介

会社案内

事業紹介

1. オフショア開発
お客様が「オフショア開発」を意識する事無く、
「オフショア開発」の最大のメリットである開発費の「低減」を実現します。
2. 国内開発
・受託・請負開発(持ち帰り開発)
・ニアショア対応 国内提携先(福岡、沖縄)との連携対応
(※短納期 / 小規模 / 技術的問題 / 仕様変更が多い / 即時対応性 etc.の場合)
3. 顧客常駐型
・準委任契約
・派遣契約
(※開発・保守・テスト対応 等)

事業イメージ

事業紹介

代表ご挨拶

当社は『オフショア開発』をメイン業務として2005年9月に設立致しました。
ソフトブレーングループは、1997年から中国での『オフショア開発』に取り組んできており、
17年間のノウハウを元に、日本⇔中国との距離を感じさせない“シームレスな開発”を実現してまいりました。

昨今の国内のソフトウェア開発事情は、
(1)慢性化する技術者不足による開発遅延
(2)増加する小規模開発案件への未対応
(3)運用コストの増加
等、ますます厳しい状況になってきています。

そこで、当社は直面する課題を
(1)海外の豊富な技術者を活用(オフショア開発)
(2)国内パートナーの活用(ニアショア開発)
(3)メンテナンス業務(運用・保守)の海外委託あるいは海外要員での対応
を組み合わせることで、ベストプラクティスをご提供致します。

当社の特長は、

1. 長年のオフショア開発で蓄積した経験豊富な開発手法を活用

・全てのプロジェクトに当社プロパーがPMとして参画。
・プロジェクトは、日本サイドでマネージメント。

2. スケジュール管理と品質管理の徹底

・毎日、日本サイドからプロジェクトの進捗状況及び品質状況をチェック及び管理。

3. 国内外のパートナー活用による最適な開発体制の構築

・オフショア開発は中国の他にベトナムを活用。
国内では「ニアショア開発」を活用した柔軟かつ効率的な開発を実現。

4. 開発メンバー専任化によるお客様向け開発体制の構築

・ナレッジマネジメントを活用し知識やスキル維持を図り、
お客様向けの専任体制構築及び人材育成を実現。

です。

また、お客様のニーズにお応えすべく「上流工程」(要件定義・基本設計)から
「開発工程」(詳細設計・実装工程・単体試験)、「導入工程」(結合試験・総合試験)、
そして稼働後の運用支援までトータルのサポートもご提供しております。

以上の特長を生かし、「品質」「納期」「コスト」の三拍子揃ったソフトウェア開発を実現してまいります。

開発者不足対策、開発コストの抑制、ランニングコストの軽減等、
現在お悩みの点に必ずや解決策をご提示させていただきます。

是非一度、ご検討並びにご用命頂きたくお願い申し上げます。

代表取締役社長 大住 敏夫

  • TEL 03-5205-7075 FAX 03-5201-6660 ソフトブレーン・オフショア株式会社
  • お問い合わせフォーム
  • 採用情報

TOPへ